スタッフインタビュー

疲れたと思う時に支えてくれるのは
利用者様の言葉や笑顔

特別養護老人ホーム智頭心和苑|介護スタッフ

山岡 夏実

2015年採用

仕事内容

日々、利用者様がその人らしく日常生活が営めるよう食事介助や移動介助などの必要な支援を行っています。

エピソード

 特別養護老人ホームを利用されている方は、日常的に介護が必要な方がほとんどです。私は利用者様の助けになっていると思うとやりがいを感じます。ただ、毎日が楽しいことばかりではありません。思うように仕事ができないことや、とても疲れたと思うこともあります。そんな時に私を助けてくれるのは利用者様の言葉だったり、笑顔だったりします。

 ある夜勤中のできごとですが、私が巡回していると「遅くまで居てくれてありがとう。少し布団で休みんさい。」と声をかけてくれた利用者様がいました。利用者様は自分のことより私のことを気にかけて心配されたり、時には孫のように優しく接してくださります。このようなことがあるので、私自身、疲れたときもでも利用者様に優しく接する心を保てています。そして、利用者様の為に、また頑張ろうと思うことができます。

求職者へメッセージ

 山々に囲まれた自然豊かな智頭町は、人と人との距離感が近く、利用者様も暖く、スタッフと利用者様がお互いに寄り添え合える施設です。そんな職場ですので「聞いてくれる・答えてくれる・承認してくれる」という環境で自信を持って働くことができます。先輩や同僚が暖かく見守ってくれているので、人前で意見を言うのが苦手な私も会議の場で発言することができます。智頭町社会福祉協議会は自分を成長させてくれる場所です。

福祉のお困りごとはご相談ください