特別養護老人ホーム 智頭心和苑

利用者様一人ひとりを大切にして

 智頭心和苑は、「ユニットケア」と呼ばれる10名前後の少人数のグループ(ユニット)で生活していただける環境となっています。全ての居室は個室となっており、ユニットごとに専用のリビングを設けています。個人のプライバシーが確保された家庭の生活に近い環境で過ごすことができようになっています。

職員が目指すもの

身体機能の低下や認知症になるということは、自分の思うように動くことができない、上手く思いを伝えられない、という不自由かつもどかしい状況を伴います。ケアする上で、ご本人様の本当の思いをくみ取ることはとても重要なことです。智頭心和苑では、シグナルや行動パターンを読み解き、思いに沿ったケアを提供できるよう目指しています。

サービス案内

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

常時介護を必要とし、自宅において介護を受けることが困難な方にご入居していただき、安心して日常生活を送っていただくための施設です。原則要介護3~5と認定された方が対象となります。

サービス・料金等

ショートステイ(短期入所生活介護)

介護者の所用の際、または身体的、精神的負担からの介護疲労時に短期間において施設をご利用いただき、介護や日常生活をご支援します。

サービス・料金等

智頭心和苑の特徴

 智頭心和苑は昭和54年11月、県立の施設として開設された長い歴史のある特別養護老人ホームです。現在の建物は智頭病院と併設する形で平成17年に建て替えられました。緊急時など医療的なケアが必要になっても、医療機関と連携することでスムーズな対応が可能となっています。

 智頭心和苑の利用定員は84名(短期入所8名含む)で、プライバシーが守られるよう全室個室となっています。また、ユニット型施設と呼ばれる10名程度の「ユニット」単位で生活する方式を採用しています。

 智頭心和苑は、ユニット型施設と呼ばれる10名程度の「ユニット」単位で生活する方式を採用しています。ユニットごとに専用リビングなどを設け、専属の職員を配置。顔なじみの関係で家族的な生活を送っていただきます。

 利用定員は84名(短期入所8名含む)。プライバシーに配慮し、全室個室となっています。

施設内のご案内

明るくゆったりとした居住空間

随所に智頭杉を使い、杉の香りが漂う明るい施設となっています。全室個室でプライベートな時間と空間を大切にしながら過ごすことができます。ユニットごとに専用リビングなどを設け、ユニット専属の職員や限られた人数の他利用者様と顔なじみの関係で、家庭的な雰囲気の中で生活を送っていただけます。

広々として快適な浴室を完備

身体状況に合わせて入浴していただけるように個浴と機械浴の2種類の浴槽を完備しています。歩くこと座ることが可能な方は個浴で入浴していただき、座位保持が困難な方は機械浴で入浴していただきます。また、入浴はプライバシーが守られるように、お一人ずつご利用いただけます。

大きな窓からは智頭駅周辺や山々が一望できます

居室やデイルームの大きな窓からは、四季によって移り行く中山間地域ならではの景色が楽しめます。

ユニット配置図

施設概要

施設名

特別養護老人ホーム 智頭心和苑

施設の種類 個室(ユニット型)、ショートステイ(個室)
利用定数 介護老人福祉施設サービス 76名
短期入所生活介護サービス 8名
敷地 敷地延面積:26,879.83m²
建物延面積:21,255.28m²
建物 構造 鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
延床面積 4,651.44m²
居室 1人部屋 84室(一室当たり13.4m²~16.0㎡)
浴室 4室(機械浴 4漕、一般浴槽 2漕)

アクセス・お問い合わせ先

智頭町社会福祉協議会 特別養護老人ホーム 智頭心和苑

〒689-1402 鳥取県八頭郡智頭町大字智頭1875番地(保健・医療・福祉総合センターほのぼの内)

  • 0858-75-2717(平日8時30分〜午後5時)
  • 0858-75-0045

お問い合わせ

智頭町社会福祉協議会 特別養護老人ホーム 智頭心和苑

0858-75-2717

受付時間:平日8時30分〜17時
(但し国民の祝日、および12月29日~1月3日を除く)

福祉のお困りごとはご相談ください